ある意味永久就職

看護師の仕事というのはある意味で永久就職だと思っています。よく女性の場合には結婚をするのは永久就職なんて言われていますが、看護師も資格を持っている以上、一生働き続けることができるので本当に良い職業に巡り合えたと思っています。小さな頃は違う職業に憧れていたのですが、私は大学に入ってから看護師を目指すようになり、必死で勉強して看護師として現在働いていますが、将来的なことを考えても職場に困ってしまうようなこともありませんし、看護師として働いている経験というのは絶対に役立っていくものだからやっぱり看護師になって正解だったと感じています。

ある程度年齢を重ねると続けるのが難しい職業などもありますが、看護師の場合には病院以外でも活躍することができるし、自分の体調やライフスタイルと両立をすることもできるので、そういった部分でもいずれ家庭を持ったり、自分が歳を重ねて今のように長時間働くことができなくなっても看護師として働いていけるというのは本当に誇りに思います。自分の好きな仕事を一生続けられるというのはとても簡単なようで難しいことだから、看護師は一生医療に携わり多くの患者さんと触れ合いながら働いていけるといった部分で永久就職と言えるのではないかと思います。

看護師から全く違う仕事を選ぶ人は少ない

上記の話でもあるように、看護師というのはある意味で永久就職と言えるのかもしれません。看護師の仕事をしていて転職する際にも他の業種を選ぶという人は少なくなり、看護師の資格を生かせる仕事や看護師の経験が役立ってくれるような仕事を選ぶことがほとんどではないでしょうか。看護師は一つの職場で働いていれば、キャリアアップをしていくことも可能ですし、将来的に婦長になり後輩看護師をまとめるなんていう存在になる事も可能です。

また自分の中で個人的にスキルアップしていきたいと思った場合にも専門看護師や認定看護師を目指していくことにより、さらに活躍の場面が広がってきますし、やはり将来的なことを考えるといつまでも働き続けていくことができる職業ですね。体力的に難しくなってしまい、他の職業を選ばなければいけないというわけではなく、同じ職業の中でも職場選びをしながら働き続けていけるのは看護師ならではのメリットではないでしょうか。また、勤続年数を重ねれば重ねるほど、看護師として自分自身が成長していきますので、多くの患者さんから信頼され更に働きやすい環境が整っていくと考えられます。