子供達とのレクが楽しみ

病院で働いているため定期的に子供たちとレクリエーションを行うのですが、このレクリエーション行いたくさんの子供たちと一緒に楽しむのが私の中での楽しみになっています。入院してる子供達は治療に対して不安感を持っていたり、医師に対しても怖いという思いを持っていたりするのですが、私たち看護師に対してはとても沢山の笑顔を見せてくれたり、いろいろな話を聞かせてくれたりします。また中にはお手紙をくれたり絵を書いてくれたりするような子供たちもいるのですが、こういった子供たちとともにレクレーションを楽しんで笑っている時間というのは本当に私の中で看護師になって良かったと思う瞬間です。

レクリエーションの内容はその時によって違っているのですが、準備をしている期間中にもレクリエーションを楽しみにしている子供たちから次は何をするのかと聞かれるようなこともあるし、少し大きなお兄さんやお姉さんはレクリエーションをする時にもお手伝いをしてくれたりするので、こういった時間もすごく楽しいです。子供にとって入院生活がどんなものになるのかというのは親御さんばかりではなく看護師の努力にも関わってくる部分だと思うので、私はいつも全力で子供たちの笑顔を見るために頑張っています。そして、こうした私の気持ちが子供たちにも通じて笑顔で過ごす時間が作れるというのはとても幸せなことに感じます。

入院中の子供達には不安がたくさんある

大人の場合には自分の病気やけがの症状について医師や担当の看護師から話を聞くことができますが、子供の場合には話を聞いてもしっかりと理解することができず、ただ単純に入院して病気を治さなければいけないといった認識や、怪我を治さなければいけないといった認識になってしまうため、自分の体にたくさんの器具がついていたり、先生が頻繁に病室に出入りしていたりすれば不安に感じてしまうのは当然だと思います。

常に親御さんが付いているわけにはいきませんので、そこで重要になってくるのはやはり看護師の存在ですよね。ですから看護師がどのように子ども達に接していくのかというのは子供たちが治療に対して前向きになるといった部分でも重要なことになるし、治療に対して不満を感じず、笑顔で入院生活を過ごせるというのも看護師の努力次第でははないかと思います。しっかりとこうした部分まで理解をした上で子供たちに接することができるようになれば一人前の看護師と言えるのかもしれませんね。