弱味を見るから信頼が生まれる

自分では思ってもいなかったような病気になってしまったり、突然、事故などで大きな怪我をしてしまった患者さんというのは予想外の入院生活で精神的に参ってしまうようなこともあります。しかし家族などには自分が弱っている姿を見せられず弱音を吐いたりすることもできないようなケースがあるのですが、私たち看護師というのはこういった患者さんの弱い部分を常に見ていきますので患者さんとの信頼関係がしっかり生まれると思っています。

ご家族や恋人には見せる事ができない弱い部分を私たち看護師というのはしっかりと受けとめながら看護を行っていきますので、もちろん患者さんは少しずつ本音を見せてくれるようになります。怪我をしたり病気の患者さんが頼ってくれるというのは私たちにとって一番嬉しい事に感じています。子供だけではなく、大人でもやはり病気やけがで入院生活が長くなれば気分が滅入ってしまうなんて言う事もありますが、そのときに少しでも患者さんが元気になってくれるような話をしたり、患者さんの愚痴や弱音を聞いて受け止めるというのは本当に大切な事だと思っています。しっかりとした信頼関係が生まれ、それが治療に結び付いて患者さんの健康に結びついていきますから、この仕事というのは常にやりがいを感じながら、人と人との結びつきを意識させてくれると思っています。

患者の信頼関係ができなければ、看護を行うことも難しい。

看護師というのは当たり前に患者さんに対して看護を行っていくものですが、患者さん側にしてみればこれは当たり前の事ではなく、やりしっかりとした説明を受け、納得した上で治療を行うので、看護師さんがどんな態度で患者さんと接するか、というのは非常に大きなものになってくると言われています。気持ちが滅入っている患者さんに対して当たり前のことだからと淡々と仕事をしてしまうような看護師というのは患者さんと信頼関係を結ぶのは難しいと思います。

しかし上記のようにしっかりと患者さんの気持ちを受けとめて弱い部分を受けとめてあげることによって患者さんは看護師のことを信頼しますよね。看護師や医師を信頼する事で治療にも前向きになりますし、当然治療の効果も出やすいと言われていますので、上記のような気持ちを持っている看護師さんというのは本当に必要な存在ではないでしょうか。もちろん看護師もストレスを感じていたり大変な思いをすることがありますが、やはりそう言った自分のプライベートな部分を隠した上で患者さんと向き合っていくということで信頼関係が生まれると思います。